小籠包
疲労 栄養素

【外食・コンビニ健康法】リンガーハット「かきちゃんぽんデラックス」

【外食・コンビニ健康法】リンガーハット「かきちゃんぽんデラックス」
予防・健康
文字サイズ

女性に必要な栄養素も十分な牡蛎

一気に寒さが増したこの時期。年末に向けてまだまだ体調がついてきていない人も多いはず。体力、免疫力、疲労回復力をつけたいこの時期に食べたい食材が「牡蠣(かき)」です。牡蠣は冬の味覚で、生、焼き、フライ、鍋…どんな調理法でも美味しいうえに、男女ともに食べてもらいたい食材です。

牡蠣に特に多いのはアサリの14倍も含まれる「亜鉛」です。免疫機能改善のほか、PMS(女性特有の不調)や貧血の予防にも関与し、不足すると味覚障害や男性の性機能不全のきっかけにもなります。

元気の素で、うま味成分として有名なアミノ酸のひとつであるタウリンも豊富。インスリン分泌促進や疲労回復効果、肝臓や心臓機能にも効果が期待できます。貧血予防や神経機能に関わるビタミンB12も含まれ、これを十分摂取することで、精神の安定や記憶力、集中力にも良い効果が期待できます。葉酸や鉄など、特に女性に意識してほしい栄養素も豊富です。

「リンガーハットで、牡蠣をのせたすごいちゃんぽんが発売されている」と情報をもらい、大急ぎで行ってきました。見つけたのは、牡蠣が10個ものっている豪華な期間限定「リンガーハットかきちゃんぽんデラックス(麺少なめ)」(3330円。麺普通のレギュラーサイズなら3380円)です。

牡蠣が10個も入ったちゃんぽん

牡蠣が10個も乗っているのでボリューム満点。1粒15グラムと計算しても10粒150グラムで、亜鉛は推奨量(男性18歳以上)の2倍となる21ミリグラム、タンパク質は10.3グラム、ビタミンB12は、34.5マイクログラム、葉酸は58.5マイクログラム、鉄3・1ミリグラムが摂取できます。

これを1杯食べたら、前日のアルコールも、溜まった疲労も回復しそうな雰囲気です。カロリーは高いかなと公式ページを見たところ、751キロカロリー(レギュラーサイズは915キロカロリー)と見た目よりもかなり低カロリーでした。

食べてみると、味噌ベース濃いめのちゃんぽんスープは、赤白4種類の味噌を配合した特製のようです。口に含むと、牡蠣の旨味とほどよくマッチして、一気に食欲が湧きます。牡蠣は、豆乳クリームバターで片面焼きされ、きつね色の焼き色と香ばしさがあります。

牡蠣と海苔、スープを合わせて食べると、クリーミーな味わいの牡蠣と海苔の風味が合わさって優しい味わいです。柚子胡椒をつけて味に変化を持たせるのもおすすめです。

さすがに牡蠣10個を食べたら、お腹がいっぱいになり、麺は半量で十分でした。食べてみたいけれど、3000円以上を一食の麺に払うのはちょっと…と思った方、安心してください。牡蠣2個入り(980円)から選ぶことができます。

寒さが本格的になるこの時期、体力回復にこの「かきちゃんぽん」を食べに出かけてみてください。食べられるのは12月半ばぐらいまでだそうです。

解説・執筆者
管理栄養士
浅野 まみこ
1975年生まれ。管理栄養士。食と健康のコンサルティング会社「エビータ」代表取締役。1万8000件以上の栄養相談の経験を元に『「コンビニ食・外食」で健康になる方法』(草思社)を著し、企業のコンサルティング、テレビ出演、講演活動を行う。