シミ・シワ改善 スキンケア アンチエイジング 化粧品 メンズ美容 エイジングケア 美白

<40代50代の肌に>資生堂のエイジングケアシリーズを一挙紹介!

2023-08-26 エイジングケア
<40代50代の肌に>資生堂のエイジングケアシリーズを一挙紹介!
文字サイズ

エイジングケアは何歳から始めるべき?

エイジングケアは、年齢によって変化する肌に合わせたお手入れのことです。
年齢によって肌はどのように変化していくのでしょうか?

年齢によって肌悩みが変化する

肌の変化は人によって違いますが、年代ごとに感じやすい肌悩みとその原因を紹介します。

20代後半から30歳まで

肌のハリや弾力を支えているコラーゲンやエラスチンは、20代半ばがピークといわれます。一方、皮脂や水分量は徐々に減少しはじめます。今までのお手入れでは肌の乾燥を感じ始めるかもしれません。

30代から40代前半

水分量と皮脂の減少は続き、肌の乾燥が目立つようになります。肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンも減ってくるので、毛穴が目立つようになった、きめが粗くなった、肌のハリが失われたと感じる方もいるでしょう。肌にハリが少なくなったと感じ始めるのもこの時期です。

40代なかば~50代なかば

閉経にともなって、肌の美しさを維持していた女性ホルモンが減少します。
ピーク時に比べて、水分量は約30%、コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミドは約半分に減少。肌はいっそう無防備になり、シミやシワ、たるみ、毛穴など複合的な悩みが増えていきます。

50代後半~60代以降

花王株式会社の調査によると、肌悩みが深刻化したと思った年齢の平均は57.2歳でした。肌の変化は大きくなり乾燥やシワ、シミ、たるみなども深刻になってきます。このころになると、個人によって肌や見た目年齢に大きな差がついています。

エイジングケアはいつから始めたらいいの?

エイジングケアは、いつ始めても早すぎるということはありません。ストレスの多い生活や、バランスの悪い食生活、睡眠不足などが続いている人は、20代前半でもエイジングサインがでることもあります。始めようと思ったら、始めどきなのがエイジングケアといえるでしょう。

エイジングケアとともに紫外線対策も大切にして

肌が老化する原因は、乾燥や紫外線といわれます。エイジングケアでは乾燥対策はできますが、紫外線対策はあまり重要視されていません。エイジングケアとともに、紫外線対策を実施するのも忘れないでください。

資生堂は国内シェア1位の世界的なグローバル企業

資生堂は1872年、東京銀座に生まれた老舗ブランドです。化粧品分野では国内シェア第1位、世界シェアでは第5位。海外売上比率は5割を超えるグローバル企業に成長しています。

資生堂には主なブランドだけでも74ありますが、エイジングケアを意識したブランドやシリーズもあります。

「SHISEIDO」は資生堂の中心的ブランド

「SHISEIDO」は、アートとサイエンスを融合した資生堂の名前を引きつぐ、ただ一つの化粧品ブランド。この「SHISEIDO」ブランドのうち、エイジングケアに対応しているのは3つのシリーズです。

  • ベネフィアンス

年齢とともに気になりはじめる乾燥などの目もとのサインにアプローチ。 

  • バイタルパーフェクション

ハリのなさなどが気になる大人の肌を豊かなうるおいで満たし、エイジングケア&美白ケア。

  • フューチャーソリューション LX 

「SHISEIDO」最高峰ブランド。植物の力と先進テクノロジーの融合から、肌を未来の美しさへ導く。
 

SHISEIDO ベネフィアンス「リンクル スムージング アイクリーム N」<容量/15g  参考小売価格/6,930円>

豊かなハリで満たしなめらかな目もとへ

連鎖する目まわりの悩みに着目したアイクリーム。こくのあるリッチなテクスチャーで、年齢とともに気になり始める乾燥などの目もとのサインに全方向からアプローチ、乾燥による小ジワを目立たなくして、なめらかで生きいきとした目もとへ導きます。メーカーサイトはこちら

SHISEIDO バイタルパーフェクション「リンクルリフト ディープレチノホワイト5」<容量/20g  参考小売価格/14,740円>

SHISEIDOシワ研究 32 年の本気が突き止めた、新シワ改善策

医薬部外品。シワの根本原因となるギャップに働きかける純粋レチノールを含む5つの有効成分として配合。目まわりや口角まわりのゆるみジワまで、異なる部位のシワに対応します。メーカーサイトはこちら

SHISEIDO フューチャーソリューション LX「レジェンダリーEN ブリリアンスアイクリーム」<容量/15g  参考小売価格/37,400円>

贅をつくした高機能アイクリーム

医薬部外品。乾燥などの外界の悪影響から保護しながら美肌を育む、みずみずしく贅沢なアイクリーム。生きいきと輝く目もとへ導きます。メーカーサイトはこちら

クレ・ド・ポー ボーテの最高峰「クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ」

資生堂とフランスのバラ生産会社、デルバールのコラボで誕生したバラ「ローズシナクティフ」を冠したクレ・ド・ポーテの最高峰シリーズ。40年以上肌細胞研究と真摯に向き合った結果生まれた肌の知性を揺り起こすエイジングケアシリーズです。肌内部がデトックスされ美しい肌がクリエイトされる状態を浄化から創生します。

クレ・ド・ポー ボーテ シナクティフ「サボンn」<容量/100g  参考小売価格/12,100円>

肌の汚れを洗い落とす透明感あふれる肌へ導くソープ

カシミアのような肌触りの上質な泡が肌をやわらかく包み、メイクアップや肌の汚れを洗い落とし、透明感あふれる明るい肌へ導きます。メーカーサイトはこちら

ドラッグストアでも購入しやすい「エリクシール」ブランド

1983年にはじまり、最新のコラーゲン研究を重ねてきたエリクシール。ハリ・透明感・うるおいに満ちたすこやかで美しい肌の象徴として「つや玉」のある肌をつくるエイジングケアブランドです。

エリクシール「ブライトニング デーケアレボリューション WT+」<容量/35mL  参考小売価格/3,410円>

透明感とハリの両方が気になる方へ美白&エイジングケア

日中の透明感、うるおいを極める大人の美白UV乳液。透明感とハリを与える乳液効果とUVカット効果、化粧下地効果を1本に。なりたい肌に合わせた2つのタイプとUVケア効果から選べます。メーカーサイトはこちら

キレイとラクチンを提供する「プリオール」ブランド

プリオールは、自分らしく今を楽しみたい女性のために、大人ならではの悩みを研究し生まれた化粧品ブランドです。加齢と上手に付き合いながら、いまを楽しむ大人女性にキレイとラクチンを提供します。

プリオール「薬用 リンクル美コルセットゲル」<容量/90g  参考小売価格/7,480円>

医薬部外品。これ1品で本格シワ改善できるナイアシンアミド配合のオールインワン。7つの機能がひとつになった輝くゲル状クリームが、使った瞬間にピーンとなめらかに密着。つややかな肌に導きます。メーカーサイトはこちら

男性向け「SHISEIDO MEN」ブランド

資生堂の中心的ブランド「SHISEIDO」の男性向けブランドが「SHISEIDO MEN」です。皮脂が多い男性肌に向けたラインナップが揃っています。

SHISEIDO メン「アルティミューン パワライジング コンセントレート」<容量/75g  参考小売価格/15,400円>

先端科学で肌のきめを整えてなめらかに導きます。明るく、生きいきとした健やかな印象へ。アフターシェーブローションとしても使え、乾燥小ジワを目立たなくします。メーカーサイトはこちら

乾燥が気になる肌にはコラーゲンドリンクもおすすめ

資生堂からはコラーゲンドリンクも発売されています。口に入れたコラーゲンすべてが肌に反映する訳ではありませんが、一部はコラーゲンペプチドとして各組織に運ばれ、筋肉量の増加などに働くと報告されています。

ザ・コラーゲン「ゼリー」<容量/150g ×6袋 参考小売価格/1,296円>

小腹も満たせる手軽で美味しい美容ゼリー

美容特許成分2種類と美容サポート成分を配合。小腹も満たせる22キロカロリーの飲めるゼリー飲料です。メーカーサイトはこちら

まとめ

エイジングケアを始めるのに早すぎるということはありません。気になったら、その日が始めどきです。資生堂のエイジングケア化粧品は多彩。それぞれのブランドやシリーズの違いを知って、年齢に合わせたお手入れで生き生きと輝きましょう。

執筆者
薬剤師ライター
桜会 ふみ子
薬剤師。Positive&Relax A-F-C代表。東証一部上場の製薬企業で医薬品・医薬部外品について25年以上の実績を持つ。「自分らしさにOKをだして輝く女性」が増えてほしいという思いで活動中。日本化粧品検定特級コスメコンセルジュ。